週明け相場は波乱必至か。ニューヨーク市場急落の影響を注視

ダウは460ドルの下落、日経平均先物も400円近い下げとなりました。

今週は火曜日が3月権利日。本決算となる企業も多く、配当取りの動きもあり、堅調な推移が続いていました。

どういった材料が出ようとも、明日月曜日の東京市場は下からのスタートとなることはほぼ間違いありません。

リスク回避の売りが優勢となるのか、それとも権利取りの買いで比較的底堅く推移するのか。

これが大規模調整の入り口との見方もあるので注意が必要。押し目買いは急がず、前場は様子見に回っても良さそうです。

株

2019-03-24

【PR広告】

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.