世界的な交戦リスクの高まりを警戒。リスクオフの流れ再びか

米朝首脳会談は合意見送り。

こちらは北朝鮮の非核化に対して、アメリカへの制裁全面解除を求めたが、トランプ大統領が応じなかったことで決裂。北朝鮮には非核化の意思があるかもしれませんが、この決裂で先行きは不透明に。

ただ、米朝首脳会談で話し合いは行われているので、突発的な交戦という可能性は低いと考えられます。

深刻なのはインド、パキスタン問題。

パキスタン軍がインド空軍機を撃墜し、3人が死亡。両国の国境も閉鎖されており、話し合いの目処も立っていません。

インドのモディ首相は対話拒否との情報もあり、こちらは更なる交戦リスクの高まりが懸念されています。

これまで悪材料らしい悪材料がなく、トレンドに乗って上昇を続けてきたNYダウと日経平均株価ですが、この件でトレンドが変わってくる可能性もあるので注視する必要があります。

stam

2019-02-28

【PR広告】

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.