日経平均株価、最後は下げ幅を縮小して大引け!終始強い一週間!

38円安となったものの、後場は下げ幅を縮小し、週末でも引き続きリスクオン継続のまま大引けとなりました。

ダウが103ドル下げた割には強い東京市場だったと言えます。

中国景気後退懸念、イギリスの合意なき離脱、アメリカの壁建設問題など、世界市場に影響を与えそうな材料は引き続き残ってはいますが、それでも買いが優勢となっている模様。

個人は慎重ですが、むしろ外資の機関が積極的に買っているといった感じです。

週末で特にネガティブな材料が出なければ、この流れは来週も引き継ぐのではないでしょうか。

節分天井も心配された2月相場ですが、ここまではそういった不安を払拭する動きが続いています。

stock market attitude

2019-02-22

【PR広告】

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.