米中貿易関係の改善期待で株高継続か。しかしファーウェイ問題などは悪化中

トランプ大統領は非常事態宣言を発令、これで米政府機関の閉鎖は解消されましたが、メキシコとの国境に壁を作る案はまだまだ揉めそう。

非常自体宣言はリスク回避、株安要因になる可能性もありましたが、市場への影響は限定的となりました。

一方で米中貿易関係は猶予期間が伸びるとの味方で改善期待が上昇。市場はこちらを重要視し、ダウは大幅上昇となりました。

日経平均株価の先物も上昇してまま先週末の取引を終えています。明日の週明け相場は再び2万1000円台からのスタートが期待できそうです。

決算不調で売られた銘柄も一旦は底を打ち、新たな展開を模索する展開が予想されます。まずは好調なニューヨーク市場に影響を受け、上昇から始まる銘柄も多いのではないでしょうか。

株

2019-02-17

【PR広告】

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.