最後まで方向感の定まらない一日

日経平均株価は4円安で前日とほぼ同水準で取引を終えています。マザーズ指数はマイナスだったものの、こちらもほとんど動きなし。

個別はストップ高からマイ転、ストップ安からプラ転など大きく動くものもありましたが、大型主力は緩やかな動き。

為替は1ドル111円台となっており、依然として円安推移が続いています。

大きな材料としては米中の貿易協議が更に60日間延期されるのではとの報道が出ています。これを好材料と見るか、悪材料と見るか。とりあえず目先の追加関税は回避されたとのことで市場は好材料と判断している模様。

ただ、延期すればするほどダメだった場合の失望も大きいので注意が必要となりそうです。

stock market

2019-02-14

【PR広告】

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.