主力は大きな動きなし。マザーズ指数は8%の下落

マザーズ指数は77ポイント、8%の下落となりました。

4592 サンバイオのストップ安が寄与していることは確かですが、そのほかにも4385 メルカリ、2121 ミクシィ、7806 MTGなどマザーズ時価総額上位陣も5%の下落。

明日も4592 サンバイオがストップ安となり、指数が下げることを織り込んだ動きとなっているようです。

関連銘柄の4506 大日本住友製薬も場中で売買はあったもののストップ安のまま大引け。こちらは日経平均株価を25円押し下げる寄与となており、明日の動きも気になるところです。

海外市場では中国経済の減速懸念が依然として気になる材料となっています。中国の旧正月、春節を来週に控えており、日本の観光業、百貨店などへの影響も出てくるかもしれません。インバウンド関連銘柄も今年は失速の可能性があるので注意が必要です。

下落

2019-01-30

【PR広告】

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.