高値キープで大引け!198円高の2万773円

日経平均株価は前引けから10円程度下げたものの、高値キープで大引け。半導体株が市場を牽引し大幅反発で今週の取引を終えました。

先週の終値が2万666円なので週単位でも続伸。ただ、月曜日はギャップアップスタート2万800円台だったこともあり足は陰線となっています。

米中貿易摩擦の行方、米政府機関の再開、イギリスのEU離脱案、日韓関係など週末も動きそうな材料が目白押し。悪化の可能性もありますが、今が最悪でここからは改善するだろうとの見方もあります。

半導体指数の上昇で景気悪化観測は後退していますが、インテルの決算などで不安も残ります。

今週前半同様、好材料悪材料の綱引きが月末まで続くかもしれません。

バイオ

2019-01-25

【PR広告】

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.