4日ぶりの反落。相変わらずバイオ株は強い

日経平均株価は4日ぶりの反落、263円安となりました。ここまで強い動きが続いていたので当然の調整とも言えます。

日経同様、マザーズ指数も下げていますが、個別では相変わらずバイオ株が強い展開。

大発会と同じく4594 ブライトパスがストップ高で値上がり1位。7707 プレシジョン・システム・サイエンスや2397 DNAチップ研究所などもストップ高値上がり上位となっています。

今日のような調整が明日以降も続き、再度の2万円割れてとなってしまうのか。それとも2万円をサポートとし、反発から2万1000円を目指すのか。個人的には売り優勢の展開となってしまうのではと見ています。

いずれにせよ、バイオ株は強い動きが見られるので、調整局面でも逆行高が期待できるのではないでしょうか。

stock market

2019-01-10

【PR広告】

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.