FOMC、日銀会合通過で相場は一気にリスクオフ!終値595円安!

日経平均株価は一気にリスクオフの流れとなり、一時700円超の下げ幅となりました。

今月はメジャーSQ通過後に売り、そして今回のFOMC、日銀会合通過で更に売りという展開に。

波乱もなく、追加の緩和を期待していたわけでもないのに、何もなくとも売られる相場。景気後退懸念が顕著に出始めていると言えます。

日経平均株価は一時700円超の下げとなりましたが、最後は100円程度戻して595円安、2万392円で取引を終えています。

少し戻したとは言え、600円ほどの下げ幅。2万500円も割り込んでしまったので下降トレンド濃厚となっています。

このまま年内は2万1000円台すらなく、逆に2万円という心理的節目も割り込んで今年の取引を終えてしまう可能性すら強まってきた印象です。

下落

2018-12-20

【PR広告】

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.