日経平均株価は391円安、マザーズ指数も4%弱の下落!

マザーズ指数、日経平均株価ともに安値引けとなってしまいました。

ダウが500ドル下げた割に、前場の日経平均株価は耐えている感じがしましたが、結局は391円の大幅下落。マザーズ指数も昨日の3%下落に続き今日は4%弱の急落。

米中関係の悪化に関してはあまり大きく取り上げられなくなった気がしますが、やはり全体的な景気後退懸念が強いと思われます。

ニューヨーク市場も東京市場も短期目線では2、3%の反発もちょくちょくあると思いますが、中長期では明確な下降トレンドになりつつあると思います。

明日のソフトバンク上場、流石にこの規模でがっつり公募割れというのは印象が悪すぎるのでないと思いますが、初値が公募+1%以内で寄った場合はその後すぐに割り込んでしまう可能性もありそうなので注意したいところです。

下落

2018-12-18

【PR広告】

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.