週明けは流石に下からのスタートか

米雇用統計通過のダウは500ドル、2%の下げ。ナスダックも3%超の下げ幅となりました。

下落要因は米雇用統計というよりは米中関係の悪化懸念。やはりファーウェイCFOの逮捕、ファーウェイの締め出しという悪材料は簡単に払拭できそうにありません。

年末は株が上がり易いシーズンですが、この件の年内解決は難しそう。年明けには追加関税猶予の期限も迫ってくるのでますます悪化しそうな雰囲気。

押し目狙いをするとしてもまだ早そう。少なくともSQ前後を待ちたい状況と言えます。

株

2018-12-09

【PR広告】

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.