前場の日経平均株価は下へ。マザーズ指数もマイ転

ダウの上昇を受けてプラススタートとなた日経平均株価、マザーズ指数ですが、早くもマイナスへと転じ、下げ幅拡大中となっています。

米中貿易摩擦などの悪材料は後退しつつあるものの、積極的に買う材料も見当たらないことで売り優勢となっている模様。

為替も110円台で落ち着いてきてしまいました。

マザーズは下へ抜けるリスクもあり注意が必要ですが、為替と日経平均株価はボックスの動きが続くのではないかと見ています。

株

2018-08-20

【PR広告】

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.