日経平均株価は安値圏で揉み合い!注目銘柄は振るわず・・・

日経平均株価は167円安で終了と米株安を嫌気。前場は売り一巡後下げ渋ったものの戻りは限定的となり、後場は本日の安値圏での揉み合いで終了となりました。

戻りが鈍かった要因としてはやはり明日控える日銀の金融政策決定会合。現状では波乱なしだ見方が強いようですが、決定会合を無事通過してもその後、黒田総裁が会見で何を発言するかが注目されており、明日だけで今後の相場方向性など決め付けないように注意したほうがいいかと思われます。

そして注目銘柄は今日は振るわず。短期で上がりそうな銘柄をチョイスしたつもりだったのですが、今日は完全に先週末に発表された決算銘柄ばかり上がっていた印象が強いですね。メディアシークのみ好調で他はダメでした・・・

ただ、日足で見れば今日マイナスだった銘柄もまだ終わっておらず。引き続き注目してみたいと思います。

2018-07-30

【PR広告】

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.