日経平均株価は最後にひと伸び!ここ最近はどうようのパターン

一時マイナス圏へと転落した日経平均株価ですが、最後は伸びて結局は127円高となりました。最後の買いは日銀やGPIFレベルの買いにも見えましたが、この時間帯やこの価格帯で動くものなのかは疑問が残るところ。

昨日までは3日間、その日の高値で引けています。今日は高値までは戻せませんでしたが、最後に意図的な買いが入っているのは明らかですね。

昨夜から今日にかけての円安は失速気味。東京時間はやや円高に動きました。ロンドン時間、ニューヨーク時間の動きも注視する必要があるでしょう。

東証1部主力は方向が読めないというか、個人的には売り優勢の展開を予想しているので、引き続き勝負は新興市場だと見ています。

stock market

2018-03-29

【PR広告】

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.