東証1部売買代金は5兆円超え!セリクラと判断できるのか

日経平均株価は1071円安、東証1部の出来高は31億株超え、売買代金も5兆円超えとなっています。

一時1600円安から500円以上リバウンドをし、これだけの商いなのでセリングクライマックスと判断することもできるかもしれませんが…。

これまで急ピッチで上昇し続けてきたことを考えるとこの下げも許容範囲内となってしまうのではないでしょうか。

これが6兆円、7兆円の売買代金であれば売りは出尽くしたと言えると思いますが、5兆円だとまだ微妙なラインと見るのが妥当。

stock market attitude

2018-02-06

【PR広告】

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.