TPP関連銘柄

TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)とは

TPPとは、日本・米国を中心とした環太平洋地域による経済連携協定(EPA)の略称のこと。2013年2月23日、アベノミクスを推し進める安倍首相は「聖域なき関税撤廃が前提でないことが明確になった」として事実上のTPP参加を表明しました。2013年3月15日にはTPP交渉への正式参加を表明するに至り、現在も参加各国で交渉中ではありますが、一部報道では合意目前という報道もあり今後の進展に期待がかかります。

TPPのメリット

①日本の得意分野である自動車・家電・パソコンなどのハイテク機器の輸出が拡大出来る

②海外の商品を安く手に入れる事が出来る

③TPPの参加国から石油をはじめとした資源を安く手に入れる事が出来る

⇒私達の身の回りのもの(ティッシュやガソリンも)が色々安くなります。

④大企業の利益拡大

大企業は海外の部品を日本で組み立てたり、日本の部品を海外で組み立てたりする事が珍しくありません。
余計な費用がかからなくなり、企業内貿易が安くなって儲けが多くなります。企業が儲かれば、日本国内にもっとお金が回るようになります。

TPPのデメリット

①デフレが進む可能性がある
物・サービスの値段が下がる事のメリットの反面デフレが進んでしまうというデメリットがあります。外国の安いものに負けないように国内の企業も物・サービスの値段を下げる事になります。

②医療格差が起こる可能性がある
TPP参加によって医療が自由化されれば健康保険制度を根底から覆す恐れが有ります。自由化を一言で表すと利益追求型の医療と言えるでしょう。健康保険制度の元では医療機関が利益を追求する事は出来なかったのですが、自由診療や混合診療により保険適用外の高額な治療費を患者に請求する事になります。

③食料自給率が下がる可能性がある
海外の安い農作物が入ってくる事が考えられます。これにより日本零細農家は廃業を余儀なくされ、農家が減少し食料自給率が下がる可能性があります。

TPP関連銘柄は

関連銘柄はかなりの数になりますが、その中でも物色されやすい、または影響が特に大きいと思われる銘柄を選んでご紹介します。

2266 六甲バター

社名は六甲バターですが、現在は売上の約95%がチーズです。QBBブランドで、輸入チーズを加工・販売しています。筆頭株主が三菱商事で、仕入れ・販売で恩恵を受けています。円安により輸入原材料の高騰を、製品価格の値上げと高価格帯品の拡販で対処していますが、TPP合意で主力のチーズの関税が引き下げれる事から期待は恩恵は大きいでしょう。

8572 アコム

TPPが成立すれば、貸金業法改正などの動きが出て業容が急拡大する可能性があります。過払い利息返還請求にやや沈静化の動きが見られてきた事は同社業績の追い風です。

2538 ジャパン・フード&リカー・アライアンス

同社は、国内では調味料や日本酒などを製造していますが、傘下の『アルカン』という食品商社が高級料理食材やワインの輸入を手掛けていてTPP成立なら業績が大きく飛躍する可能性があります。

2056 日本配合飼料

ニッパイの略称で知られる日本配合飼料は、水産・畜産など特殊飼料を専門とする企業です。ペットフードや食品も手掛けており、TPP協定で成長戦略とされている農業支援策の影響を受け株価上昇も期待されているTPP関連銘柄。

1381 アクシーズ

養鶏・鶏肉の生産・販売・加工などを行う食品・農業関連のTPP関連銘柄。生産工程における全ての無駄を突き詰め、独自の生産体制と高い技術力を持っております。原料の関税引き下げによる恩恵が期待大。

2286 林兼産業

同社は、昨年4月16日にスターゼン【8043】と業務提携基本合意書を締結し、原料取引、加工食品・ハム・ソーセージの製造受託、人事交流などの協力関係を強化・推進しております。同社にとっては原料の関税引き下げによる恩恵が期待される。また機関投資家の買い入れも確認出来ており、TPPの本命とも言える銘柄です。

6310 井関農機

TPP合意により、農地の集約が進み農家の事業規模が大きくなれば、従来よりも大型の農機の需要が高まります。同社はトラクターやコンバイン、田植機で強みを持っており、大きく恩恵を受ける会社です。

6471 日本精工

ベアリングの国内最大手企業です。オートマチックトランスミッション部品、ステアリングコラム・ジョイントなどの自動車部品や、電動パワーステアリングなども製造しています。現在自動車部品は9%と非常に高い関税を掛けられており、これが撤廃されれば業績に大きく寄与される事は間違いないでしょう。

2871 ニチレイ

冷蔵倉庫ではカテゴリーに依らず輸入品の増加が期待され、プラスの影響を享受できると言えます。同社など冷蔵倉庫企業は主に食料品の冷凍保管を行っており、TPP参加により畜産物などの輸入が増加し、入庫量の増加や在庫率の向上を通じて業績にプラスであるとして、一部の証券会社は冷蔵倉庫がTPPの大本命と位置づけている程です。

1352 ホウスイ

同社も倉庫株として注目です。築地市場の老朽化に伴う豊洲新市場への移転が2016年11月初旬に決定。これに合わせて、同社は冷蔵倉庫事業の一層の拡大を図る為に、冷蔵倉庫と本社機能を備えた事務所を建設するとの事です。首都圏最大規模の中央卸売市場で大型冷蔵庫の運営を行う事は、同社グループの業績拡大に多いに繋がると言えます。またTPP参加により入庫量の増加や在庫率の向上を図れる事から業績への期待度は高い銘柄と言えるでしょう。

                   
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.