Archive for the ‘海外株式市場’ Category

欧州時間はやや円安。先物も上昇

2018-02-14

一応この時間は堅調ですが…結局ニューヨーク次第ですし、昨日今日はニューヨークが良くとも東京は悪いので日本一弱の流れが出来つつあります。

せめて為替が108円台、109円台に回復となれば輸出関連銘柄の上昇も期待できるのでトレンド転換も見込めるのですが、それがないと厳しいかもしれません。

stock market

為替はやや円高。結局は今夜のニューヨーク次第

2018-02-12

3連休中なので東京市場は休場です。為替やCFDなどは動いているのですが、連休明けの相場に最も影響があるのは今夜のニューヨークでしょう。

乱高下しているので寄り付き数百ドル安くても高くても、大引けでは間逆の動きとなってもおかしくはありません。

今週前半はニューヨーク市場、東京市場ともに高ボラ相場継続となりそうなので狼狽売り、高値買いには気をつけたいところです。

stock market

海外市場も下げ目立つ。後場も警戒継続

2018-02-09

上海市場や香港市場も売りが強いですね。日本の新興市場以上の下げとなっています。

5%安、6%安が当たり前の展開に…。日経平均株価でいえば1000円安となってもおかしくはない水準。後場で一気に1000円安を付けてもおかしくはないので注意が必要でしょう。

決算もまだまだ残っています。良い決算でもこの状況では売りが出易いのかなと。今回に限っては決算ギャンブルも分の悪い勝負となってしまいそうなので無理はしないほうがよろしいかと思います。

下落

上海総合指数はマイ転!

2018-02-07

日本では日経平均先物が前場終了時から200円ほど下げていますが、中国の方はもっと不安な状況に…。

今日は世界的にも全面高スタートとなっており、中国の上海総合指数もプラスから始まっています。しかし、この時間で一気に上げ幅縮小、そしてマイナスへと転じています。

日本も今日までマイナスへ転じるようだとかなり危ないですね。動向を注視するほかありません。

下落

NYも大幅高で買い戻し先行!ギャップアップ多数!

2018-02-07

昨日とは間逆の展開。売られすぎからのリバとNYダウの大幅反発も重なって全面高スタートなっています。

個別銘柄は主力も新興もギャップアップが目立ちます。ここから更に上げ幅を拡大するのか、それとも戻り売りとなってしまうのか、10時までは好調だと思いますが、その後の展開に注目です。

株価上昇

日経平均株価は400円安スタート!まだまだ寄ってない銘柄多数!

2018-02-06

400円安は思ったより高いと思うのが当然です。日経225銘柄でも寄っていない銘柄がほとんどの状況。大型でも5%安、10%安は覚悟しなければならない状況です。

一度1000円安以上へ突っ込む可能性は非常に高いかと思います。買い戻しのタイミングも難しい1日となりそう。

下落

米雇用統計は良好!ダウは665ドルの急落→9年ぶりの下げ幅

2018-02-03

昨夜、米雇用統計が発表され、雇用者数も予想を上回りましたが、それ以上に平均時給の伸びが注目を集めました。

雇用だけでなく、賃金も伸びているとなればアメリカの好景気もいよいよ本物ということでしょう。トランプ政策も結果が出ていると言うしかありません。

この好調な雇用統計の結果を受け、利上げ期待が一気に高まり、市場の資金供給が抑えられるのではとの思惑からダウが急落。9年ぶりの下げ幅、665ドル安となりました。ナスダックも2%近い下げ幅です。

一方で利上げ観測が高まったことで為替は円安方向へ。1ドル110円台回復となっています。

利上げを材料にニューヨーク株安、そして円安、日本市場にとってはどう受け止めていいのか難しいところです。

もしここで1ドル112円くらいまで円安が進めばダウの665ドル安とも釣り合いが取れるかもしれませんが、流石に110円と665ドル安ではダウ安の方がインパクトが大きいでしょう。

週明けの日本株は下からのスタートが予想されます。

また、アメリカの利上げが年4回ペースで行われ、金利が2%くらい上がると考えれば、新興国からの資金引き上げ、仮想通貨市場からの資金引き上げも懸念材料として挙がってくるかもしれません。

sekai

日経平均株価、大きくは戻せず。決算や米雇用統計に注目

2018-02-02

日経平均株価は前場からはやや下げ幅縮小となりましたが、結局は211円安で、昨日上昇した分の大半を失ってしました。

今日も各社の決算。あとはニューヨーク時間に控えた米雇用統計に注目しておく必要があります。

ただ、個人的には週明け月曜日から再び買いが優勢になってくるだろうと見ています。

stock market

円高で株価も軟調推移。米政府機関閉鎖の影響か

2018-01-22

予算案が通らず一部閉鎖状態となっている米政府機関。流石に重要度の高いところは業務継続かと思いますが、観光業などには影響がありそうです。

これを受けて米ドル安で円高に。他の通貨も対ドルで値を上げているようです。

まー予算がずっと通らないということはないのでどこかで必ず解決すると思いますが、それを見越して安易に買いに行くのもどうかと思います。

平昌五輪前に波乱もありそうな雰囲気なので警戒しておいたほうが無難かもしれません。

stock market

週末で円高加速!米政府機関が閉鎖!

2018-01-20

トランプ政権下で予算案が決まらず、米政府機関の閉鎖が始まっているようです。本日期待されていたつなぎ予算も否決されてしまいました。

いつまで行政が機能しなくなるかは未定ですが…悪材料であるのは確かですね。

トランプ大統領は敵だけでなく味方からの支持も薄いので、予算案が通らず政府系機関の閉鎖もある程度は織り込まれていたかと思います。

仮でもなんでもいいのですぐにつなぎ予算が決まればいいのですが、それがないとなると円高は加速しそうですし、株高にも影響が出てくるかと思います。

来週は米予算案情報をしっかり見ておく必要がありそうです。

« Older Entries
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.