Archive for the ‘海外株式市場’ Category

ダウは再び高値チャレンジ!110ドル高!

2018-08-18

ダウは続伸の110ドル高で2月以来の高値となっています。次は1月に付けた26000ドル台がターゲットとなってきそう。

日経平均株価は2万3000円チャレンジでことごとく弾き返されていますが、ダウは2度目のチャレンジ。これがダブルトップとなるのか、抜けてくるのかで日経平均の展開も変わってくるかと思います。

ダウが先に抜けてくれれば日経平均株価も上に抜けやすくなってくるのではと期待。米中貿易問題は改善に向かいつつある一方で、トルコ問題はまだ収束が見えないので怖いところではありますが。

とりあえずダウ続伸で週明けの日経平均株価も少しは期待できるのではないでしょうか。

株価上昇

前場の日経平均株価は101円高!予想外に強い展開

2018-08-06

上昇スタートは予想できましたが、その後は一旦押す展開と見ていましました。

しかし、香港や上海が思った以上に好調ということで日経平均株価も連れ高。前場は+101円の本日高値となっています。

米中貿易戦争リスクが後退する中、海外市場主導の上昇が後場も続くかもしれません。

バイオ

海外はいずれも反発スタート!香港、上海など好調

2018-08-06

アジア地域の海外市場も開場となりましたいずれも好スタートとなっている模様。香港、上海といった主要市場は順調な動きを見せています。

海外市場が始まるまでは軟調だった日経平均株価ですが、上海の上げ幅拡大などを見て連れ高となっている状況。

米中の貿易戦争真っ只中ですが、中国側が弾切れにより折れるのではないかとの観測も出始めています。米中貿易戦争が収束となれば市場も一気に好転しそうですね。

株価上昇

米中貿易戦争の行方は?

2018-08-05

報復関税が続く米中貿易戦争ですが、昨日の日経新聞の記事では中国側が先に折れる可能性も書かれていました。報復対象となる範囲が弾切れになりつつあるようです。

両国の企業側としては早々に収束して欲しい報復関税合戦。来週くらいにはいったんの目途、和解案が出て欲しいところですね。

stock market attitude

米雇用統計は予想を下回るも、好決算銘柄が牽引でダウは上昇!

2018-08-04

昨夜発表された米雇用統計は15.7万人増で市場予想を下回りました。まーこれまでが好調過ぎたのでこの辺りで一旦鈍化してもおかしくはないかと思います。

米雇用統計は予想を下回り、更に米中貿易戦争真っ只中という状況を考慮すればダウが下がって当然かと思いますが、昨日は136ドル高で取引を終えています。

ハイテク株のIBMが3%の上昇でダウを押し上げ、食品大手のクラフト・ハインツも好決算を受けて8%の上昇。食品、小売りが強かったようです。

中国が対米報復関税を発表し不安も残りますが、とりあえず大きな指標だった雇用統計を通過でダウ高となったのは安心材料と見ていいのではないでしょうか。

株価上昇

日経平均株価はかろうじてプラス。新興指数はマイナス

2018-08-03

上海総合指数もプラスとマイナスを行ったり来たりという展開で日経平均株価も影響を受けました。主力は全面的に冴えない展開でしたが最後はjかろうじてプラス。前日比12円高。

期待していた新興市場はマザーズ指数、ジャスダック平均ともにマイナス。こちらも終始パっとしない一日でした。

為替、上海、ニューヨークに左右される展開が来週も続きそうです。どちらかと言えば上よりも下の方が可能性が高いのではないでしょうか。

この後のロンドン、あとは夜のニューヨークに注目です。

stock market

+100円超から一転してマイ転!

2018-07-20

先物主導で日経平均株価が乱高下しています。

つい先ほどまでは急騰で日経平均株価が100円超の上げ幅となっていましたが、そこから一転してマイ転。マイナス50円まで下げています。

為替やダウ先が不安定な状況。売りも買いもエントリーが難しくなってきました。

下落

ダウ続伸で再び高値圏へ。ナスダックは最高値奪取!

2018-07-14

先週は米中貿易戦争でリスク回避の動きとなりましたが、今週は打って変わってリスクオンの流れに。

ダウは続伸。94ドル高で1ヵ月ぶりの高値。ナスダックは最高値を再び更新してきました。ハイテク株懸念も払しょくというところですね。

為替も112円台。継続的なドル買いで完全に円安トレンドに乗っている模様。夏相場で115円もあるのではと各メディアで書かれています。

日本は月曜日祝日なので休場ですがこのままの流れなら連休明けの上昇も期待できるのではないでしょうか。

バイオ

貿易摩擦に加え、軍事費摩擦も懸念材料か

2018-07-08

今日の日経新聞の記事では米欧での軍事費でも摩擦が発生するのではと書かれています。

今週11日からベルギーで行われる北大西洋条約機構(NATO)首脳会議でトランプ大統領は欧州主要国に軍事費負担増を迫るのではとのこと。

ただでさえ貿易戦争真っ只中で更に軍事費の出費も増やせとなると報復関税合戦が過熱する恐れもあります。このタイミングでのNATO首脳会議、一波乱あるかもしれないので注意が必要。

バイオ

日経平均株価は+241円の大幅高!週末の米中動向を注視

2018-07-06

トランプ大統領が中国への関税増を発表、それに中国も報復関税を検討する反応を見せていますが、市場はそれらを織り込んでいたかのような動き。発表後はダウ先物、上海指数共に上昇となり、日経平均株価も連れ高となりました。

特に米中と関連の深い企業は今週前半で大きく売られていましたが、ショートカバーのような動きで今日は強い一日でした。

今日のトランプ発言は多少織り込みがあったとは言え、今後の中国の反応や、報復の報復となるアメリカの追加関税など予断を許さない状況はまだしばらく続きそうです。

とりあえず週末、最悪なパターンで終わらずに一安心といったところでしょうか。

今夜は米雇用統計を控えていますが、それ以上に米中貿易戦争のインパクトが大きく、よほどの数字が出ない限りは反応は限定的だと思われます。

stock market

« Older Entries
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.