Archive for the ‘水素ステーション関連’ Category

7203 トヨタがテスラ株を高値で売り抜けか!?

2017-06-03

7203 トヨタ

EVでの協業が見込めずということで、7203 トヨタがテスラ株を全て売却したようです。5月後半辺りで売ってればいいところで手放せたと言えるかもしれませんね。

まーこの件で注目すべき点、今後の予想ですが…

やはりトヨタはEV(電気自動車)ではなくFCV(燃料電池自動車)の道を進むのではないかということです。

世界一の自動車企業であるトヨタがFCVで行くとなれば日本企業、そして行政も後追いする他ありません。今後も水素ステーション関連銘柄が盛り上がってくるかもしれませんね。

ただ、水素ステーションを作る金銭的余裕がある国なら普及が見込めるかもしれませんが、1つのステーションを作るのに億単位の費用が掛かるとなれば新興国では流行るはずありません。携帯電話同様、次世代自動車も日本だけがガラパゴス化してしまう可能性もありえるのかなと。

水素ステーション関連銘柄、明日も物色継続か

2017-05-18

3441 山王

6901 澤藤電機

9888 UEX

6378 木村化工機

6391 加地テック

日経平均株価が大きく下げる中、サイバーセキュリティ関連銘柄や防衛関連銘柄も買われていましたが、こちらの水素ステーション関連銘柄も物色されていました。

相場が回復せず、買うものがなければこのテーマが明日以降も継続して買われる可能性が高いと思います。

水素ステーション関連銘柄が物色

2016-02-26

6495 宮入バルブ製作所

6497 ハマイ

6391 加地テック

6331 三菱化工機

3441 山王

新聞メディアで取り上げられたことでこの辺の水素ステーション関連銘柄が上昇を見せています。特に6495 宮入バルブと3441 山王は強いですね。

EV(電気自動車)とFCV(燃料電池自動車)の覇権争いが今後も面白くなってきそうです!

米アップルもテスラ同様、EV開発に参入。FCVは勝てるのか!?

2015-02-14

ITの巨人、時価総額7000億ドル(約83兆6000億円)のアップルがEV(電気自動車)開発に参入というニュースがありました。「テスラに対抗か?」との見出しでしたが個人的にはテスラも歓迎の参入になるのではないかと思っています。

今、世界の自動車市場では次世代エコカーとしてEV(電気自動車)とFCV(燃料電池自動車)が覇権を争っています。どちらかが主流となればどちらかがガラパゴス化し、拡大を抑えられてしまうことになります。

FCVはトヨタが『MIRAI』を発表し、日本国内では政府が率先して水素ステーションの建設拡大に力を入れています。

6391 加地テック

6331 三菱化工機

6366 千代田化工建設

8088 岩谷産業

6495 宮入バルブ製作所

6497 ハマイ

こういった銘柄が水素関連銘柄として物色されているのにはこういった理由があります。国をあげて水素ステーションの拡大を図っている為、まさに国策銘柄と言えます。

ただ、冒頭でも書いた通り、世界ではEVとECVが覇権争いをしており、日本国内とは違い海外ではEVの普及・開発が進んでいます。FCVが優れている点も多々ありますが、やはり国が支援をしなければ普及が進まないほど、水素ステーションの建設にはコストが掛かるというのが最大のデメリットな気がします。

既にEVの普及が進むアメリカ、そして政府支援が期待できない発展途上国でFCVの普及は進むのでしょうか。ガラパゴス携帯(ガラケー)のように日本だけがFCV、しかし世界ではEVということになってしまうのではないかと心配しています。既にいくつかのメディアや個人ブログではFCVがガラカーになってしまうという同じ心配が挙がっています。

アップルという潤沢な資金を持つ企業がFCVではなくEVの開発に参入ということはテスラへのダメージというよりもFCVの開発を進める日本自動車メーカー、そして今後に期待されている水素ステーション関連企業へのダメージの方が大きいのではないかと考えてしまいます。

今後もFCVとEVの動きには注目です!

Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.