Archive for the ‘日経平均’ Category

前引け間際に下げ幅拡大!494円安!

2018-10-23

300円安付近を推移していた日経平均株価ですが、前引け間際に下げ幅を急拡大!494円安で2万2100円台前半まで押しています。

大きいところでプラスとなっているのは7203 トヨタくらいでしょうか。主力は全面安の展開となっています。

2万2000円を守れるかどうかといった展開に。2万3000円は更に遠のいてしまったので回復には時間がかかりそうです。

下落

本日の注目銘柄!期待はこちらの3銘柄!

2018-10-23

3356 テリロジー

4399 くふうカンパニー

6698 ヴィスコ・テクノロジーズ

日経平均株価は底堅く推移しているものの、日銀のETF買いがなければ下に抜けてもおかしくはない展開。

2万3000円の壁は再び強く機能してきそうなので簡単に買い判断はし辛い状況。

一番は様子見がいいかと思いますが、勝負するならこの辺りかなという3銘柄。

上海市場の上昇で日経平均株価も82円高で取引を終える

2018-10-22

前場はマイナス200円もあった日経平均株価ですが、後場からは上海市場の上昇に影響を受けて終始プラス圏での推移。

一時上げ幅は100円超となっていましたが、最終的には82円高で本日の取引を終えています。

トランプ政権が中距離核全廃条約から離脱したことで防衛関連が上昇。

値下がり銘柄では製品問題懸念で7012 川崎重工業、7102 日本車輌製造などが下落。こちらは進捗が待たれる展開となっています。

全体的にはネガティブ要因が目立つ印象ですが、先週末の下げ幅縮小と本日の動きを見ると上に行きたがっているようにも見えます。

まだ方向がはっきりしないので様子見継続が無難かと思います。

バイオ

上海市場の好転もあり、日経平均株価は下げ幅急縮小!126円安!

2018-10-19

一時400円超の下げ幅となっていた日経平均株価ですが、後場は上海市場の上昇に影響を受けて下げ幅縮小。最後は126円安まで戻しての大引けとなりました。

乱高下の続くニューヨーク市場と東京市場、今日はプラ転は叶わなかったものの底堅い動きは示せたようです。

ダウが続落となれば週明け再びの下落は免れないと思いますが、最悪の展開には至らずに今週を通過できたので良かったのではないでしょうか。

週末はサウジアラビア問題など、原油市場の動向も注視する必要がありそうです。

stock market

政府のクレジットカード手数料引き下げ要請でクレカ会社の株が急落!

2018-10-19

8253 クレディセゾン

4755 楽天

楽天 イオンフィナンシャルサービス

大きいところだとこの辺りでしょうか。いずれも5%以上の下げ幅。

消費増税の際にクレジットカード決済や電子マネー決済を利用した人に増税分を還元するというのが政府の方針。それに向けて各クレジット会社に手数料の引き下げを要請したとのニュースが出ています。

ECサイトとしてメジャーな4755 楽天ですが、同社発行の楽天カードは今となっては日本で最も使われているクレジットカードとなっています。

下落

本日の注目銘柄!週末は無理せず

2018-10-19

3356 テリロジー

4399 くふうカンパニー

3906 ALBERT

先週から今週はニューヨーク市場も東京市場も乱高下していますが、昨日の下落で高値更新が遠のいたことで調整色が強くなってきた気がします。

一時的に2万3000円を試す展開があるかとは思いますが、抜けるのにはまた時間が掛かりそう。

マザーズの方が早めに回復しそうなので目先は新興狙いが良さそう。ただ、週末なので無理はせず、ポジション軽めが一番だと思います。

日経平均株価は再び2万3000円の壁が…

2018-10-18

超えるのに苦戦し続けた日経平均株価2万3000円台。

5月6月7月8月と四度跳ね返され、9月の五度目のチャレンジでようやく突破。しかしそれもわずか1ヵ月で再び割り込む展開となってしまいました。

そして今日の動きを見ると再び2万3000円の壁が重くのしかかってきそうな雰囲気です。

ここで苦戦するとなると再び大幅調整となりそう。

外資の売り越し、買い越しの動向も要注目です。

stock market attitude

売り優勢の前場。注目銘柄もイマイチ…

2018-10-18

底堅いだろうと思っていた日経平均株価ですが、前場で既に100円超の下げ幅。ここ最近はボラが大きいので後場でのプラ転もありそうですが、逆に2、300円安まで突っ込む可能性もあるので注意が必要。

注目に挙げた3銘柄は日経が押しても資金が入ってくるだろうと期待していましたが、3356 テリロジーなどは今日もイマイチ。ただ、仕手株の中では期待値高いと思うので後場も注目継続です。

下落

9984 ソフトバンク、6954 ファナックなどが弱く、日経平均マイ転

2018-10-18

機械、半導体などが売られ、日経平均株価は早々にマイナスへと転じています。

ダウの下落は下げ要因ですが、昨日大きく下げた先物が東京時間ではほぼプラマイゼロで始まったことを考えると、比較的底堅い動きが期待できそうです。

値上がり上位を見ると6721 ウインテスト、4777 ガーラ、6775 TBグループといった小型の仕手株が目立ちます。

主力の押し目買いか、日経平均株価の更なる下落を見越しての低位仕手株買いか、判断は難しいですが、現時点では後者が優位となっています。

stock market

連続の大幅続伸!完全にリスクオンの展開

2018-10-17

昨日の上昇だけならば一時的な上昇と言えたかもしれませんが、連日の大幅続伸で完全にリスクオンの展開となってきました。

先週はナスダックや日経平均の200日移動平均線割れで長期調整入りの懸念も出ていました、今週は再び高値を試しに行くのではないかと思えるほどの強さ。

もちろん、まだ2万3000円を回復できていないので油断は禁物ですが、ショートカバーなどで以外とあっさり取り戻してしまうのでは思えてしまう展開です。

個別は直近IPOなどにも資金が流れつつあり、新興市場も回復の兆しが顕著に見えてきました。

株

« Older Entries
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.