Archive for the ‘仕手筋’ Category

相変わらず強い売り。2万1000円割れも視野

2018-12-11

日経平均株価の下げ幅は100円超まで拡大しています。

2万1000円割れも視野というより、これだけ売りが強ければ一旦大きく割らないと底打ち反転は来そうにありません。

日経平均株価の上昇に寄与していた9984 ソフトバンクもじわじわと上げ幅を縮小中。携帯会社のIPOの結果次第では日経平均株価2万円台前半もあるかもしれません。

下落

ダウ反発も欧州不安で上値重い

2018-12-11

先週はファーウェイCFOの逮捕をきっかけに米中関係悪化リスクが高まりましたが、今週は更に欧州不安も重なってきています。

デモで混乱するフランス、EU離脱案が定まらないイギリス、ヨーロッパは別材料でリスクが高まっています。これに伴うポンド安もネガティブ要因。

これらの悪材料を払拭するには更に大きな好材料が必要となってきそう。トレンドが反転するにはまだ少し時間が必要かと思います。

株

一時下げ幅縮小するも結局は487円安で前引け。売り強い

2018-12-10

500円安から100円以上下げ幅を縮小する場面もありましたが、結局は487円安で前引け。戻り売りの強い展開となっています。

日銀の介入もあるのは当然だと思いますが、根本的な悪材料が解決するには時間がかかるはず。むしろ悪化の懸念すらあります。

中国の一部企業はファーウェイCFO逮捕の対抗措置としてアップルを含むアメリカ企業発の製品の不買を推奨しているとの報道も。

米中貿易摩擦どころではなく、もっと深刻な問題に発展していく可能性もあるので、もう少し様子を見た方が良さそうな気がします。

下落

日経平均株価は500円安まで突っ込む

2018-12-10

海外要因+GDP下方修正が重しとなり、日経平均株価はギャップダウンスタート。そこから更に下げ幅を拡大し、-500円を記録しています。

日経平均株価は2万2100円台となっていますが、海外の悪材料は簡単に解決するとは考え難く、2万2000円を割ってしまう展開も覚悟しておいた方がいいかもしれません。

買うならSQ前後、木曜日辺りまでは様子見した方がリスクは少ないかと思います。

下落

本日の注目銘柄!今週はこちらの3銘柄に期待

2018-12-10

3048 ビックカメラ

3929 ソーシャルワイヤー

3662 エイチーム

注目は昨日書いたこちらの3銘柄。

PayPay関連銘柄の3048 ビックカメラ、新興株で注目の3929 ソーシャルワイヤー、あとは決算悪かったわけですが押し目狙い好機の3662 エイチームにそれぞれ注目。

先週末のダウは500ドル安、日経平均先物は300円安、寄り付きはその影響を受けて下からのスタート濃厚となっています。

押し目狙いの場面かもしれませんが、SQ前後までは待った方がいいかもしれません。

明日の注目銘柄!テーマ性のある銘柄を注視

2018-12-09

3048 ビックカメラ

3929 ソーシャルワイヤー

3662 エイチーム

週末でPayPay決済が殺到していると言われている3048 ビックカメラ。間もなくPayPayキャンペーンも終了するのではと言われていますが、それでも十分な売上増になっているかと思います。月曜、火曜で上に飛ぶようなことがあれば一旦決済。

再び高値更新を狙う3929 ソーシャルワイヤーも再注目。地合い悪化の中でも逆行高しそうな銘柄。

最後は決算不調だった3662 エイチームも下に突っ込むようなら押し目を拾いたい銘柄。PTSを見ると思ったより下げないかもしれませんが、1500円台があれば拾いたい。

相場全体としては下からスタートになると思いますが、下げ幅縮小よりも拡大の可能性の方が強そうな気がします。SQまでは警戒継続。

バイオ

週明けは流石に下からのスタートか

2018-12-09

米雇用統計通過のダウは500ドル、2%の下げ。ナスダックも3%超の下げ幅となりました。

下落要因は米雇用統計というよりは米中関係の悪化懸念。やはりファーウェイCFOの逮捕、ファーウェイの締め出しという悪材料は簡単に払拭できそうにありません。

年末は株が上がり易いシーズンですが、この件の年内解決は難しそう。年明けには追加関税猶予の期限も迫ってくるのでますます悪化しそうな雰囲気。

押し目狙いをするとしてもまだ早そう。少なくともSQ前後を待ちたい状況と言えます。

株

米ウーバーが年明け上場か!時価総額は1200億ドル(約13兆円)

2018-12-09

未上場では時価総額ダントツの一位となる米ウーバーが2019年早々に上場する見通しとなりました。

米ウーバーの時価総額は1200億ドル(約13兆円)規模となっており、実現すればアリババに次ぐ世界第二位の巨大IPOとなります。

米ウーバーは9984 ソフトバンクが株式の15%を保有。更には7203 トヨタ自動車も多少なりともウーバー株を保有しているものと見られます。

アリババの上場でも巨額の利益を得た9984 ソフトバンク、今回の米ウーバー上場でまたまた大きな利益を手にすることとなりそう。

9984 ソフトバンクはこの他にも中国のライドシェア大手「DiDi」、シンガポールのライドシェア大手「Grab」、更には世界最大手のコワーキングスペースの「wework」など、多数のユニコーン企業に出資しています。

今後、ユニコーン企業のIPOが増えてくれば9984 ソフトバンクには桁違いの利益が入ってくるはず!

9984 ソフトバンクは既に時価総額10兆規模の巨大企業ですがこれからでもまだまだ注目が集まりそうです。

ダウ558ドル安!米雇用統計通過で下落加速

2018-12-08

昨夜発表された米雇用統計は市場予測を僅かに下回る結果に。

この雇用統計がポジティブサプライズであれば、多数の懸念材料を跳ね返して反発というシナリオもあったかもしれませんが、残念ながらそういった結果にはならず。

市場予想を下回った米雇用統計、米中関係悪化懸念、フランスの暴動など、数々の悪材料が重なり3日続落で下げ幅500ドル超の展開となりました。

特に米中関係の悪化は世界中の先進国を巻き込む流れに。中国のファーウェイ締め出しの流れが加速してきており、中国側も対抗措置を打ってくるのではないかと懸念が浮上しています。

G20で猶予期間ができたアメリカの中国へ対する追加関税ですが、このままでは双方合意には至らず、結局90日後には施行されてしまう可能性が高まってきました。

stock market

後場盛り返して177円高!マザーズはマイナス

2018-12-07

前場の勢いを見ると後場でマイ転してもおかしくない雰囲気でしたが、逆に盛り返して177円高、2万1678円で今週の取引を終えています。

昨夜のダウ同様、米雇用統計を控えて売り方の買い戻しもあったものと考えられます。不安材料はくすぶりますが、雇用統計通過でどっちに転ぶかもわからないので空売りの持ち越しもリスクがあるのは確か。

日経平均株価は反発となりましたがマザーズ指数はプラスとならず、1000ポイントの節目を割り込んだまま今週の取引を終えてしまいました。

個人的には来週前半も売りが強いと見ています。流れが変わるとしたら週末のSQ辺りでしょうか。そこまでは無理せずキャッシュポジション高めで臨むのがいいかと思います。

stock market

« Older Entries
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.