Archive for the ‘仕手筋’ Category

アメリカが鋼鉄、アルミに輸入制限か?関税増の懸念

2018-02-17

オバマ政権下ではTPPで関税減が期待されていたわけですが、トランプ政権では間逆の展開に。TPP離脱だけでなく、鉄鋼の関税増となれば日本企業は人件費の安い国での清算、輸出を少なくするしかなく、アメリカ国内に工場を置くにしてもコスト増は避けられない事態となります。

アメリカにとってはプラス材料ですが、中国や韓国、日本や南米などの経済にとってはマイナス材料となることは確かでしょう。

stock market

行き過ぎの為替相場、是正となるかに注目

2018-02-16

日本だけでなく海外市場も軒並み好調ですが、為替は一向についてきません。東京時間よりはやや円安に動いていますが、それでも106円台回復とならず。

為替がこの水準だと日経平均株価が再度高値を狙いに行くのは相当厳しいのではという印象。

相場の回復には為替の円安推移も必要不可欠。今夜、そして週明けで、せめて107円台回帰に期待したいところですね。

株

今週後半は回復基調!ただ、為替は105円台に…

2018-02-16

為替以外は順調な一日でした。ダウの大幅続伸に影響を受け、日経平均株価も上昇。新興市場の方も買いが優勢となりました。

株価だけ見れば好調維持であることは間違いないのですが…やはり不安材料は為替ですね。株が上がればリスクオンから円以外の通貨を買う動きになるのが普通ですが、なぜかゼロ金利、マイナス金利継続の日本円に資金が向かっています。

リスクをとってもいいような場面ですが、外資系ファンドや投資銀行が個人の買いを叩いているといったところでしょうか。

この為替状況だと油断できない相場が来週も続くかもしれません。

stock market

日経平均株価急上昇!200円近い上げ幅!

2018-02-16

寄り付き後はダウ高と円高、どちらに反応するか曖昧な動きでしたが、9時半前の動きは一気に上げ幅を拡大しています。

前日比で200円近い上昇。為替は全くついてきていませんが、日経平均株価は再びの2万2000円台を目指しそうな勢いです。

先週までであればここが絶好の戻り売りポイントとなってしまっていましたが、今回はどうでしょうか。今日は無理でしょうが、来週早々にでも2万2000円という節目を超えられるかどうかにも注目!

株

3758 アエリア急騰!値上がり1位!

2018-02-16

3758 アエリア

決算延期のパターンだと悪材料となることが多いのですが、3758 アエリアの場合はネガティブサプライズもなく、「A3!」関連の材料も発表されたことで買われています。リスク回避で売られていた分の買い戻しもあってのことでしょう。

ゲーム株全般が不調な中、セクターの起爆剤となるかに注目です。

バイオ

本日の注目銘柄!好決算銘柄の押し目狙い徹底

2018-02-16

6881 キョウデン

5301 東海カーボン

7974 任天堂

まだ完全に方向感は定まっていないと思います。ただ、こういった好決算銘柄の押し目を丁寧に狙っていけば逆に行く可能性も低く、相場が明確に回復傾向となった時の上げも強いと思います。

やり辛い相場ですが、このあたりの銘柄は勝負し易い印象。

stock market

為替はやや円高。ニューヨークの下落にも注意

2018-02-15

日本はまだ上昇1日目ですが、ニューヨークの方は続伸中です。この辺りで一旦調整となり、悪い場合には二番底を探る展開となってもおかしくはありません。

せっかく日本が上向いてきたのに、海外が調整入りとなってしまえば再び下降トレンドとなってしまってもおかしくはないでしょう。

この円高でニューヨークも下げるとなると…少し不安が残ります。

株

14時以降も崩れることなく堅調推移!

2018-02-15

ここ最近ですと14時以降で一気に崩れてしまうというパターンも珍しくありませんでしたが、今日は比較的堅調ですね。

日経平均株価の上げ幅は+300円付近を推移。マザーズ指数もピークからは落ちてますが、+1%超を維持しているので悪くはないかと思います。

懸念は全体的な出来高の少なさと為替の円高。この出来高を見ると底打ち期待で個人は買っているが、外資や国内機関は様子見というパターンでしょうか。

注目銘柄で6758 ソニーは寄り天気味ですが7974 任天堂と7735 SCREENは好調キープとなっています。

バイオ

10時以降、更に上へ!

2018-02-15

日経平均株価の上げ幅は300円超えとなっています。

為替もやや円安へと戻してきており、106円台後半。この勢いで107円に乗れば多少は安心感が広がるかもしれません。

ただ、せめて107円に乗せて欲しいという感覚は短期目線な気もするので、そこで再び売られてしまう可能性もあります。

107円台でも先月、去年から見ればまだまだ円高水準。もう少しはっきりと円安が進まないと上値の重さは継続かもしれません。

バイオ

3758 アエリア大幅安。2121 ミクシィも…

2018-02-15

3758 アエリア

2121 ミクシィ

昨年の前半はゲーム株バブルと言っていいほど、全体が好調でした。2121 ミクシィはモンスト全盛期にはマザーズ指数を牽引した銘柄、昨年も売上げだけ見れば好調だったかと思います。3758 アエリアは昨年躍進した出世株、今年も期待されていましたが…やはり一本足では厳しいですね。

この他、3667 enish、3928 マイネット、3932 アカツキ、3904 カヤックなども決算を受けて数%下げてしまっています。

今年は昨年とは間逆、ゲーム株が特に弱い印象です。

下落

« Older Entries
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.