最後の攻防で日経平均株価2万円割れ!

2万円を死守しようという勢力と割り込んでやろうという勢力の一騎打ち。最後は僅かですが2万円割れで取引終了となりました。

日銀やGPIFなどはなんとしても2万円のラインは守りたかっただろうなと思います。今日は流石に買ってきているのではないでしょうか。

逆に2万円を割ってもいいというのは空売り系のファンドくらいでしょうか。買い一辺倒だった外資も最近は売り越しが目立ちます。何度も何度も言ってきたものの、まったくなかった大規模な調整がいよいよ現実になってしまうかもしません。

ただ、これまでも日経平均株価は何度も2万円を割り込み、その度にすぐさま回復してきました。

今回も警戒も意味無く再び2万500円を目指す展開となるかもしれませんね。過度の警戒、ポジション調整は本格的な下落が来てからでもいいのかなと思っています。

2017-07-18

【PR広告】

おすすめ投資顧問会社

グラーツ投資顧問

株プロフェット

トリプルエー投資顧問

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.