低位仕手株相場復活となるか!?

日経平均株価が2万300円、2万500円を目指す中で、低位仕手株の動きに衰えが見え始めています。先週末の動きを見ると「もう終わった」と言ってもいいかもしれません。

ただ、再び円高となり、日経平均株価が2万円を割っての調整となれば、低位仕手株復活の展開もあるかもしれません。

可能性はちょっと低いかもしれませんが、一応再チェックしておきましょう。

7477 ムラキ

9927 ワットマン

5721 エス・サイエンス

9423 フォーバル・リアルストレート

6218 エンシュウ

5856 東理ホールディングス

3840 パス

先週末の値下がり上位はこんな顔ぶれ。7312 タカタは例外だとして、それを除くと低位仕手株独占となりました。

連休明け、これらの銘柄がリバウンドを見せるのか、更に資金が抜けて下へ突っ込むのか。ある意味注目です。

2017-07-16

【PR広告】

おすすめ投資顧問会社

グラーツ投資顧問

株プロフェット

トリプルエー投資顧問

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.