懸念材料は原油安?

1バレル40ドル割れとなれば、中東だけでなくロシアやアメリカなどでも株安懸念となってきます。流石にそのラインは守りそうな雰囲気ではありますが、可能性はゼロではなく、それが引き金となり、2017年最初の○○ショックが訪れるかもしれません。

何度も書いていますが、昨年のアメリカ大統領選挙以降、調整らしい調整もなく、まだ一度も急落局面が来ていません。そろそろ来てもおかしくはないはず。

警戒しておいたほうが良さそうです。信用全力などは控えたいところ。

2017-06-24

【PR広告】

おすすめ投資顧問会社

ミリオンストック

グラーツ投資顧問

株プロフェット

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.