流石に追加緩和期待派は少ないでしょう

月半ばにして、今月最後の材料と言っても過言ではない日銀会合。この日経平均株価、為替の水準で追加の緩和策を打ってくるとは考えづらいと思います。それを期待している人も少ないのではないでしょうか。

逆に出口戦略を言ってくるのではないかとの不安もあります。こちらはちょっと可能性が高く、4割くらいで言及してくるのかなと個人的には見ています。もしも利上げや緩和策縮小などの出口戦略を言ってくれば下げ要因となるのは間違いなさそう。

今日は「出口戦略を口に出さなければセーフ」という雰囲気ではないでしょうか。現状維持なら安心感で買われそう。出口戦略発言があれば下げ。あくまで個人的な予想ですが。

現状維持を期待するというも珍しいですが、何ごともなく通過してくれれば御の字ですね。

2017-06-16

【PR広告】

おすすめ投資顧問会社

ミリオンストック

グラーツ投資顧問

株プロフェット

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.