週明けの日経平均は?また横ばいか?

イギリス選挙で与党過半数割れという波乱はありましたが、週末の海外市場はそこまで大きく崩れるようなことはありませんでした。

ただ、気になるのはナスダック株の急落。特に材料のない急落なので単なる利益確定、短期調整かもしれませんが、懸念材料の一つと言えなくもありません。

買い要因がない状況なのでアメリカ株が崩れると売り優勢となってくるかも。一応、週前半は警戒しておいたほうが良さそうです。

2017-06-10

【PR広告】

おすすめ投資顧問会社

グラーツ投資顧問

株プロフェット

トリプルエー投資顧問

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.