日経平均株価、そして主力の多くが安値引け

大引けにかけて更に下へ突っ込みました。日経平均株価は1万9000円を大きく割れ、1万89009円で今週の取引を終えています。

8306 三菱UFJ、8604 野村などの金融株も安値引け。来週に不安を残す相場となってしまいました。

正直、為替が1ドル112円となったことですっかり安心しきってしまいましたが、油断できるような状況ではなかったということですね。

今日の動きを見る限り、日経平均株価は為替に連動していたわけではなく、日銀やクジラの買いに連動していたということでしょうか。大口の買いがない以上、買う理由がないというのが機関、個人両方の見解だったということになります。

週明けから名実共に新年度相場ですが、不安を残す展開となってしまいました。

2017-03-31

【PR広告】

おすすめ投資顧問会社

株エヴァンジェリスト

グラーツ投資顧問

株プロフェット

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.