ビットコインが急落中。分裂危機が現実味を帯びてきました

先週末はビットコインEFTの承認が却下されたことで若干ですが値を下げました。もっと下がるのかなと思って見ていましたが意外と強かったですね。

しかし、その一週間後となる今週末、予想以上の急落に見舞われています。

以前から分裂の話が出ていたビットコインですが、これがいよいよ本格化してきたのが原因と見られます。

ビットコインは最初の仮想通貨ということで、最新の通貨と比べると利便性に乏しい部分があります。

例を挙げるとすれば金(ゴールド)に近い性質と言えます。そのものの価値は多くの人に認知されていますが、使えるところは限られる、というが金の特徴。

ビットコインの場合、処理速度に時間が掛かり、多くの人が取引・送金を行うことになったことでトランザクションが限界となっています。これを解決するには互換性のある軽度のアップデート(ソフトフォーク)では難しく、互換性のないアップデート(ハードフォーク)つまりは分裂するしかないという状態です。

こういった仮想通貨の分裂は前例がないわけではありません。1年程前にはビットコインに次ぐ時価総額を持つ仮想通貨、イーサリアムも分裂せざる得ないこととなりました。今は価格も落ち着いていますが、分裂直後は市場も大混乱となってしまい、損をした保持者も居たかもしれません。

今回、ビットコインが分裂となれば同様の混乱が予想されます。ビットコインを扱う取引所は、そういった事態を避けようと分裂後の新ビットコイン(Bitcoin Unlimited)はビットコインとしては認めず、今現在動いているビットコイン(Bitcoin Core)こそが主流という声明を発表しました。ただ、これでもビットコインの下落が止まらない点を見ると取引所の声明だけでは分裂阻止は厳しいということでしょうか。

ビットコイン開発者とビットコイン採掘者の対立から始まったビットコイン分裂の危機。ビットコイン取引所が加わったことで開発者&取引所vs採掘者という構図で最終局面となりそうです。

2017-03-19

【PR広告】

おすすめ投資顧問会社

ミリオンストック

グラーツ投資顧問

株プロフェット

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.