自動車株は買いか売りか

アメリカ大統領選挙が終わってから、この話は何度かしています。

円安が進み、輸出主体の自動車企業は恩恵が大きいはず。しかし北米戦略に関しては暗雲が立ち込めています。

トランプ次期大統領はNAFTA(北米自由貿易協定)の廃止を訴えており、メキシコからアメリカへの輸出に対し、再び関税を適用すると主張しています。現在、多くの自動車企業がメキシコに向上を置き、そこから北米へと自動車を出荷していますが、この戦略が取れなくなる可能性が出てきているということ。トヨタ自動車に関してはトランプ氏がツイッターで名指しし、「メキシコ工場はやめろ」と言われています。

メキシコとアメリカの人件費を比べると5倍~6倍程度違うらしく、もしもメキシコ工場撤退となれば人件費が増大することは避けられません。いくら1ドル120円の円安になっても北米戦略の軌道修正となればチャラどころか業績悪化の可能性も考えられます。

7201 日産自動車

7203 トヨタ自動車

7261 マツダ

この辺は特に、今後株価がどっちにいくか読み辛いですね。トランプ大統領就任でNAFTA廃止が実行されるのか否かで大きく変わってきます。NAFTAが維持されれば素直に上がっていくとは思いますが…買うなら少し様子見してからいいかもしれません。

2017-01-08

【PR広告】

おすすめ投資顧問会社

ミリオンストック

グラーツ投資顧問

株プロフェット

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.