日銀はもはや打つ手なしか…

円高がどこまで進むのか。今週の市場も為替を注視する必要があります。

市場からは日銀の更なる緩和、つまりはマイナス金利の範囲や規模拡大を期待する声もあります。ただ、はっきり言ってマイナス金利導入での好影響はほとんどなく失敗だったと判断するのが妥当かと思います。

今ここで更にマイナス金利適応の範囲や%を拡大したとしても円高の歯止めにはならない気がします。むしろ逆に、資金がより一層国債へと集中し更なる円高を招く可能性の方が高いような…。

マイナス金利導入という最後のカード切り、それも空振りだった日銀政策。もはや打つ手なしと言われても仕方ないのかなと思います。市場も政府や日銀は何も手を出せないだろうと判断し、ドルを売って円を買っているのではないでしょうか。

1ドル105円、今週はその辺りまで円高が進む可能性があることを覚悟しなければなさそうです。

2016-04-10

【PR広告】

おすすめ投資顧問会社

グラーツ投資顧問

株プロフェット

トリプルエー投資顧問

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.