次は将棋!人工知能関連銘柄に再びスポット!

前回はグーグル傘下企業が開発を行った「アルファ碁」が韓国トップ棋士との勝負で4勝1敗と勝ち越し存在感をアピールしました。

そして今月9日は人工知能対日本のトップ将棋棋士の勝負となります。人工知能(AI)、ディープラーニングのベンチャー企業、HEROZ株式会社が開発した「PONANZA」対山崎八段の2回戦勝負。正直言うとグーグル参加のベンチャー企業と日本のベンチャー企業では(HEROZ株式会社さんには失礼な話ですが)人工知能の精度にも差があるのではないかなと疑問に思っています。ただ、これで人工知能勝ち越すようであればディープラーニングの真価も間違いないものだと話題となりそうです。

来週末、人工知能関連銘柄、ディープラーニング関連銘柄が再び話題となりそうです。

2016-04-03

【PR広告】

おすすめ投資顧問会社

ミリオンストック

グラーツ投資顧問

株プロフェット

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.