前日比238円安。この程度であれば想定内か

ダウ、ナスダックの大幅安。日産のゴーン会長逮捕、こういった悪材料の中で日経平均株価が4、500円下がることも心配されていましたが、そういった状況下で238円安なら想定内ではないでしょうか。

昨日大きく下げていた銀行株ですが、その多くがこの状況下でもプラス。8355 静岡銀行もプラスでした。

下げがきつかったのは6954 ファナック、6506 安川電機といった機械関連。あとは9984 ソフトバンク、7974 任天堂、この辺りはエヌビディアの下落に影響を受けたものと思います。

最も注目集めた7201 日産自動車は後場で下げ幅を少し拡大し5%超の下げ。7211 三菱自動車は下げ幅を少し縮めて7%弱の下落。

一方で7203 トヨタ自動車は1.5%の上昇となりました。

明日以降も日産、三菱自動車の動向には注目が集まるかと思います。

バイオ

2018-11-20

【PR広告】

おすすめ投資顧問会社

株エヴァンジェリスト

グラーツ投資顧問

株プロフェット

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.