強いアメリカ!しかし調整も近い?

金曜の米雇用統計は低水準の失業率、賃金の上昇、増え続ける雇用という結果になり、改めてアメリカ経済の強さが示されました。

今日の日経新聞の記事では「米1強、ひずむ市場 大統領選から2年」という見出しの記事が出ており、トランプ大統領当選以降の強いアメリカ経済が語られています。

しかし、それとは別にトップ記事では「GAFAに社会共存の風圧 課税や賃上げ、下がる利益率」という見出しも。

これまで強いアメリカ経済、ナスダック市場を牽引してきたハイテク株、特に『GAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)』に対して賃上げや課税強化の動きが強まっているようです。

ハイテク大手4社の利益が下がればナスダック主導でアメリカ株が大幅調整入りする可能性も出てきます。

世界経済を引っ張ってきたアメリカ。

このまま伸び続けるのか、それともこの辺りで一旦調整となるのか。GAFAの動きは注目する必要がありそうです。

バイオ

2018-11-04

【PR広告】

おすすめ投資顧問会社

ミリオンストック

グラーツ投資顧問

株プロフェット

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.