後場一段安の-822円で大引け!新興市場も散々な展開に…

先月から今月頭にかけて、ようやく年初来高値を更新した日経平均株価ですが、盛り上がりも束の間、あっと言う間に2万1000円台前半まで急落となってしまいました。

今日の下げ幅は822円安、マザーズ指数も6%超の下げ幅という非常に厳しい一日に。

新興市場はもちろんのこと、これまで好調だった仕手株も一気に急落となり、個人投資家のダメージは大きいかと思います。

今年の市場を牽引してきたトンピン氏銘柄、3356 テリロジーと9820 エムティジェネックスが揃ってストップ安。どちらも底が見えない展開となってきました。

過去のトンピン氏銘柄と言えば9307 杉村倉庫、6467 ニチダイなど動き出し前の水準まで下落しています。3356 テリロジー、9820 エムティジェネックスも将来的にはそのような動きになってしまうかもしれません。ここが押し目となるのか、それとも終わりなのか、判断が分かれるところです。

明日は週末、引き続き大人しくしておくのがよろしいかもしれません。

stock market attitude

2018-10-25

【PR広告】

おすすめ投資顧問会社

ミリオンストック

グラーツ投資顧問

株プロフェット

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.