前場は下げ幅を一気に縮める展開!しかし懸念材料は払拭しきれず

200円安から69円安まで下げ幅を縮めて前場の取引を終えていますが、海外のネガティブ要因が払拭されたわけではありません。

ロンドン、ニューヨークでどうなるか読めない以上、簡単に買いに行ける状況ではなさそう。

ただ、新興市場の方もイマイチの展開となっており、注目銘柄もパっとしません。

大人しくし、方向がはっきりするまでは様子見の方が良いのかもしれません。

株

2018-10-22

【PR広告】

おすすめ投資顧問会社

ミリオンストック

グラーツ投資顧問

株プロフェット

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.