9984 ソフトバンク、6954 ファナックなどが弱く、日経平均マイ転

機械、半導体などが売られ、日経平均株価は早々にマイナスへと転じています。

ダウの下落は下げ要因ですが、昨日大きく下げた先物が東京時間ではほぼプラマイゼロで始まったことを考えると、比較的底堅い動きが期待できそうです。

値上がり上位を見ると6721 ウインテスト、4777 ガーラ、6775 TBグループといった小型の仕手株が目立ちます。

主力の押し目買いか、日経平均株価の更なる下落を見越しての低位仕手株買いか、判断は難しいですが、現時点では後者が優位となっています。

stock market

2018-10-18

【PR広告】

おすすめ投資顧問会社

ミリオンストック

グラーツ投資顧問

株プロフェット

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.