日経平均株価は後場一段高も新興市場は逆行安!

米株高、円安を好感から上昇していた日経平均株価。前場の買い一巡後は高値圏揉み合いも後場に入り一段高流れとなり192円高で取引終了。

ソニー、任天堂などの個人に人気の高い主力が人気を集めたほか、後場からは銀行株などの金融株が一段高で相場を牽引。一方で、直近軟調な新興市場は逆行安と盛り上がりに欠ける状況が続いていますね。

節目として意識される2万3000円を目指す展開を意識されそうな気もしますが、個人的には積極的に買いに回るにはまだ少しリスクが高いような・・・。引き続き好決算銘柄、直近IPOなどでの短期トレードを推奨したいと思います。

2018-08-01

【PR広告】

おすすめ投資顧問会社

ミリオンストック

グラーツ投資顧問

株プロフェット

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.