日経平均株価は小反発。買い一巡後は上げ幅縮小。

日経平均前場は48円高と小反発。米国、欧州が貿易摩擦解消への期待感などから上昇し、これを背景に日経平均株価買い優勢でスタート。

ただ、一巡後は週末要因、来週控える日銀会合を前に、徐々に利益確定売りも出始めて上げ幅を縮小。やや様子見モードとなっているような感じですね。

全体的には引き続き決算手掛かりにした個別が中心となっており、また、直近IPOの一角などが人気を集めています。

後場も引き続き利益確定売りに注意しつつも前場強かった銘柄中心に見ておくと良さそうです。

2018-07-27

【PR広告】

おすすめ投資顧問会社

株エヴァンジェリスト

グラーツ投資顧問

株プロフェット

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.