ETFの購入配分の見直しと伝わり日経平均株価は反落!

日経平均株価は3日ぶり小反落となり、その後の揉み合いのまま終了となりました。

日銀がETFの購入配分の見直しを検討、TOPIX連動型ETFなどを増やし、日経平均株価連動型ETFの購入額を減らす方向との一部報道をきっかけに値がさ株が下落。引き続き決算手掛かりにした銘柄や材料株のほか、底値圏付近を推移していたような銘柄に買いが集まった印象ですね。

日銀がETFの購入配分の見直し報道から明日も値がさ株はやや厳しい展開になると思われ。変わらず個別中心の相場になるかと思われます。

注目銘柄では6047 Gunosyが一服。直近の連騰考えば仕方のないところ。一旦様子見して押し目からどういう動きしてくるか見極めへ。本日ストップ高となった4824 メディアシーク、そして9517 イーレックスは明日の上昇にも期待。

ただし、4824 メディアシークに関しては連日の大幅高だけに明日も買いが大きく買い先行するようなら高値は追わず様子見。週末要因などからの一旦の利益確定売りにも警戒しておいたほうがいいかと思います。

 

2018-07-26

【PR広告】

おすすめ投資顧問会社

ミリオンストック

グラーツ投資顧問

株プロフェット

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.