後場はほとんど上に行かず。日経平均株価は270円安で取引終了

後場では日銀のETF買いが期待されましたがそういった動きはほとんど見られず、270円安で取引終了。

ここ最近、日銀の買いが全く見られなかったのは相場が堅調だったからと思っていましたが、今日も入っていないとなると本格的に金融緩和の出口を検討し始めたのかもしれません。

企業決算も上向き始めたので、日銀が金融緩和引き締めを検討しだしてもおかしくはありませんが、明文化してくればある程度の下落は避けられないかと思います。まーどんなに早くとも年内中の利上げなどはないだろうと思いますが。

為替の方もじりじりと円が進んでおり、110円台半ば。110円という節目の上で推移しているので割るには相当のパワーが必要だと思いますが、ダウが200ドルも下がればありえる展開だとも思います。

米朝首脳会談中止くらいのサプライズがなければ下降トレンドへの転換はないと思いますが、一応今夜のダウと明日の日経平均株価はより注目せざるを得ないかなと思います。

株

2018-05-23

【PR広告】

おすすめ投資顧問会社

ミリオンストック

グラーツ投資顧問

株プロフェット

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.