前場引け間際に上げ幅急縮小

日経平均株価は+200円くらいをずっと推移していましたが、前引け間際に上げ幅急縮小。最後は100円程度の上げ幅で取引を終えています。

また、注目銘柄ですが、完全に選択ミスで6506 安川電機、3048 ビックカメラが絶不調。このチャートは厳しいと言うしかありませんね。撤退も致し方なしの状況。

唯一、5727 東邦チタニウムは良さそうですが、もっと勢いのある東証1部もありそうなのでそっちを探したほうが効率良さそうな気がします。

日経平均株価、後場でマイ転という可能性は低いと思いますが、そういった動きになった場合は下へ突っ込むかもしれないのでリスク回避も必要そうです。

2018-04-13

【PR広告】

おすすめ投資顧問会社

ミリオンストック

グラーツ投資顧問

株プロフェット

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.