為替はやや持ち直す。しかし油断は禁物!

為替が1ドル110円割れすれすれから少し円安に傾いたことで日経平均株価も下げ幅縮小となっています。

まだ全然油断できない状況ですし、この動きが日銀のETF買いによるものであれば後場で一段安という可能性も否定できません。

何よりもダウが一旦天井をつけたようなチャートになっているのが最大の懸念材料ではないでしょうか。機関も個人も一旦利益確定しておこうという流れが加速してもおかしくはありません。

仮想通貨の動向も少なからず影響してくるかもしれません。

stock market

2018-01-17

【PR広告】

おすすめ投資顧問会社

ミリオンストック

グラーツ投資顧問

株プロフェット

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.