選挙の争点!待機児童解消関連銘柄が強い!

3577 東海染工

6189 グローバルグループ

2152 幼児活動研究会

2749 JPホールディングス

特に目立って信任を問うものがなく、長期政権維持の為の選挙となりそうがですが…。無理矢理理由を作るとしたら消費増税とその使い道を問う選挙となりそうです。有権者受けが良く、使い道として大儀となるのは福祉の充実、教育の無償化などが本命ですね。待機児童の解消も大きな争点となりそうです。

2017-09-25

【PR広告】

おすすめ投資顧問会社

グラーツ投資顧問

株プロフェット

トリプルエー投資顧問

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.