日銀会合、FOMC控えてもポジション整理の売りは出ず

日銀会合は気にする必要なしと思いますが、FOMCの方はバランスシートの縮小など、若干の懸念材料があります。内容次第では大きく下げる可能性もゼロではありませんが、リスク回避の売りはほとんど出ていないような気がします。

まーそれ以上にアメリカの減税政策期待、日本では総選挙へ向けた景気刺激政策期待の方が大きいということでしょうか。

北朝鮮問題もトランプ大統領の発言以外はおだやかな状況となっており、悪材料はほとんど無しといった感じで進んでいます。

2017-09-20

【PR広告】

おすすめ投資顧問会社

グラーツ投資顧問

株プロフェット

トリプルエー投資顧問

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.