引け前、更に売られる展開!

後場、一時下げ幅を縮小する場面もありましたが、結局最後は再び売られ、安値引けとなったものも多々ありました。

特に新興市場、マザーズの銘柄は酷いですね。あとはゲーム関連銘柄もほぼ安値引けといった状態です。

バブル気味だった新興市場、個人投資家は追証回避もあってプチセリクラといった感じでした。

ただ、全体としては出来高がそこまで増えていないので、本格的なセリングクライマックスとは言えない状況だったかと思います。まだ下げ余地は残しているような雰囲気です。警戒は継続ですね。

2017-09-05

【PR広告】

おすすめ投資顧問会社

株プロフェット

最強株トレード投資顧問

トリプルエー投資顧問

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.