中国のICO規制で仮想通貨と仮想通貨関連銘柄が下落!

中国がICO(Initial Coin Offering)、仮想通貨を使った資金調達を規制し始めたようです。

ビットコインを含む仮想通貨が普及したことで急激に注目を集め始めたICOですが、実際のところ詐欺コインが蔓延する事態となっています。

「新しい仮想通貨を売り出します」ってだけで数億集まったり、最近話題となったVULUは「資金が必要になったので仮想通貨で募集します」というパターンもあります。

既に大規模な詐欺事件になっているICOもあるので多少の規制は必要かもしれません。ただ、中国の規制は政府第一主義の規制なので仮想通貨には冷や水となりそうですね。

早速、ビットコインやイーサリアム、リップルなどが下げています。

また、今日も上がっていた仮想通貨、その中でもICO関連銘柄がPTSで下げています。

6172 メタップス

2315 カイカ

3825 リミックスポイント

3853 インフォテリア

この下落が一時的なものなのか、大規模調整の始まりなのか、判断は難しいところですね。

2017-09-04

【PR広告】

おすすめ投資顧問会社

グラーツ投資顧問

株プロフェット

トリプルエー投資顧問

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.