下値は限定的、しかし上値は更に限定的

日経平均株価は87円安。マイナスですが高値で引けています。

ほぼ間違いなく入っているであろう日銀、この買い支えが機能している限り、150円程度の下げは「取り戻せる範囲」という見方が強いかと思います。

ただ、この買いはあくまでも相場全体が下げている時限定の話。日経平均株価がプラス圏では日銀のETF買いも期待できないので、買い材料はほぼ皆無と言えます。

下げ分は戻す可能性が高いのですが、上げ幅が更に拡大する可能性は低いというのが定番になりつつあります。

この傾向はあまりよろしくないような気が…。

2017-08-29

【PR広告】

おすすめ投資顧問会社

グラーツ投資顧問

株プロフェット

トリプルエー投資顧問

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.