ジャクソンホール通過でユーロ高、ドルは売られる

ECBのドラギ総裁、注目されていたジャクソンホールでは特に目立った発言がなく、ユーロが買い戻されました。逆にドルはやや売られ、ユーロドルが急上昇。

クロス円ではユーロ円が円安、ドル円が円高と、市場にとっては判断の難しい為替動向となりました。

ジャクソンホール中のニューヨーク市場も特に大きな影響は無し。日経平均の先物も反応は限定的でした。

市場は次の材料、トランプ政権による減税政策やと興味が移っていくと思いますが、この前の演説で国境に壁を作る為には政府機関の閉鎖も辞さないと言ってしまったことが不安材料。仲間を次々と失っていくトランプ大統領、政策実行力への不安は日に日に高まっている状況です。

プラス材料とマイナス材料が交錯する展開。北朝鮮問題も宙に浮いている状態なので来週も引き続き、様子見の相場が続いてしまうかもしれません。

2017-08-26

【PR広告】

おすすめ投資顧問会社

株プロフェット

最強株トレード投資顧問

トリプルエー投資顧問

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.