日経平均株価は103円高。マザーズ指数はマイナス

日経平均株価は好調とは言えないまでも、レンジ内の動きが続いています。底堅いと言っていいでしょう。

しかし、新興市場の方を見ると弱さが目立ちます。米雇用統計が好結果となり、アメリカの株高と円安がポジティブ材料となっているにも関わらず、マザーズ指数はマイナス。ゲーム株など、個人投資家に人気のテーマが売られてしまっているのが気になります。

新興市場は海外市場や円安に左右されづらいかもしれませんが、地合いが更に悪化すればより一層強く売られそうな気がします。

マザーズ指数が回復するまでは新興株に手を出すのは控えたほうがいいかもしれません。

2017-08-07

【PR広告】

おすすめ投資顧問会社

グラーツ投資顧問

株プロフェット

トリプルエー投資顧問

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.