今期決算の業績別動向

ここ数週間は円高となっていますが、4-6月期(1Q)では円安だったということもあり、輸出関連が比較的好調に見えます。

電気機器、精密機器、機械、鋼鉄、輸送用機器、海運など、円安恩恵業種は比較的好調。

水産農林、食料品、卸売、小売は微妙。ゲーム株を含む情報通信も期待に届かないものが目立ちます。

週明けは大手ゼネコンなど建設関連の決算が多数控えています。建設はどちらかと言えば後者に分類されそうなので下げ予想。あとはソフトバンクといった日経平均寄与度の高い銘柄にも注目。

3932 アカツキ、3758 アエリアといった話題のゲーム株決算も10日、14日など迫っています。

2017-08-05

【PR広告】

おすすめ投資顧問会社

グラーツ投資顧問

株プロフェット

トリプルエー投資顧問

▼情報が参考になりましたら下記のバナークリックにもご協力下さい。(1日1クリック)
株式投資 br_c_1531_1 bnr_88_31 
ランクアップで更に重要銘柄公開します!


【PR広告】
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.