仕手株の仕組み

仕手株とは

仕手株とは、企業実態の裏付けなど株価上昇の根拠がないまま、マネーゲーム的に株価が吊り上げられる株のことを言います。

「仕手筋」と呼ばれる資金を持った特定のグループが意図的に株価操作まがいのことをして仕手相場を作り上げるのが一般的である。有名なところで言えば「加藤暠(かとうあきら)通称:K氏」が率いる「般若の会」などがある。

短期間の間に株価が数倍~数十倍のになるというようなことも珍しくなく、乱高下が激しいのでギャンブル好きの一部の投資家から注目を集めている。

仕手筋が利益を得るために利用する、投機的な取引の対象となりやすい株式のであり短期の急騰・急落が起こり易い。主に、株価の安い低位株で、空売りが可能で発行株数の少ない銘柄がターゲットになる事が多い。

仕手筋は優良企業ではなく、むしろ「賛否両論があるような銘柄」を、仕手戦を始める前にひっそりと買い集める。または、逆に空売りができない信用銘柄を仕掛け、一方的に上げていく手法もある。この場合、空売りができない為、現物の買いに信用の買いが加わり、上昇に加速がつき一気に上げていく。

上がるから 買う、買うから上がる…という連鎖になる。
新値が8手(新値八手十手)も入れば天井だが、まだまだ上がる可能性もある。
しかしピークを打つと、ストップ安を続けるなど急落する。

仕手の手法として、理論的には売り玉を仕込んだ後に「悪材料」を流布して、
下落局面で利益を得ることも成立するが一般的でない。

クズ株を仕込み、風説を流布して利益を得る不正取引は、英語でPump and dumpと呼ばれる。

 

仕手筋の手口

まずは、銘柄を選択し、静かに買い集めていきます。
そして、ある程度の株式数が集まったら株価をつり上げる操作を行います。
仕手筋は、安値の買い玉があるので買いあがっていっても取得価格の平均は
時価よりも低くなるので、買いあがりが可能です。

あまり株価が騰がりすぎるようなら「冷やし玉」などと呼ばれる売りを入れて相場を落ち着かせます。利食い売りや空売りを入れながら、チャートを作りあげて行きます。そして上昇相場に入ると、買いが買いを呼び、株価がどんどん騰がりだします。

出来高数や値上がり率などの上位に入るようになり、市場が注目しだすと
株価はますます上昇していきます。

・選別

仕手筋は、常にターゲットとなる銘柄を吟味している。
あまり経営が思わしくなく、長期的に株価が低迷している銘柄に狙いをつける。安価な株価の低位株は小額資金で買い集めることができ、またPBR指標が低迷しているなど株価急騰にもっともらしい理由が後付けできる余地があることが大きな理由である。また後述の理由により信用取引銘柄であることが望ましい。

・仕込み

仕手のターゲットが決定したら、一気に買い集めるのではなく、静かに少しずつ市場の噂になりにくい様な単位で、ある程度の期間をかけて買い集める。そのために、「風説の流布」や「見せ板」などの違反行為を駆使しつつ、株価を低く維持する。

・投資顧問の利用

多くの仕手筋が、手掛ける株の情報を投資顧問会社に流し、投資顧問会社が個人に情報を流す。その際、「訳あっていくらまでもっていく」「大材料が出る」「大物資金が入っている」等と、個人を信用させる。極秘情報と言われるのであるが、個人に届いた時点で誰もが知っている情報となっている。最終的には、仕手筋や投資顧問の上得意客の株を、一般の個人に高値で買ってもらわなくてはならないので、その為に投資顧問が利用される。

・つり上げ

ある程度の株が集まった段階で、今度は株価のつり上げにかかる。それは今までの静かな買いではなく、一気に今までの何十倍もの買いを入れる。そこで株価の上値が軽ければ、一気に株は急騰し値上がり、値上がり率ランキングの上位に顔を出すことになる。また、仲間同士で株式の売買(循環取引)を繰り返すことで出来高の急増を演出したり、価格維持のための見せ板や、仲間内での通牒仮想売買で株価を吊り上げるなどの違法行為をおこなう場合もある。

・提灯

マスコミやネット掲示板などに情報を流すことで、「提灯」と呼ばれる相乗りの買いを誘う。上値が軽く、出来高が急増して値上がりだすと、買いが買いを呼んで、さらに株価が騰がる。

・振るい落とし

あまりに一本調子に株価が騰がると、他の参加者に警戒感があらわれ売り方が極端に少なくなったり、他の買い方(提灯筋)が様子見にまわるため仕手筋は持ち株を売り逃げるチャンスがなくなってしまう。また信用取引銘柄の場合、うまく空売りを呼び込むことで以降の踏み上げ相場の肥やしを撒くという意味がある。これらの目的のため、何回か株をまとめて売って瞬間的に株価を下げ、意図的に押し目を作ることで過熱しすぎないようにする。「冷やしを入れる」とも言う。

                   
Copyright© 2010 仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実 All Rights Reserved.